人気ブログランキング | 話題のタグを見る

宮之上貴昭執筆による長期連載


by ymweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

オマさん(鈴木勲さん)の思い出

わたしの演奏をオマさんは聴いたことがあったのか、メンバーから噂を聞いたのか、「宮之上君?今度さー、俺のバンドに参加して欲しいんだけど。」

突然にライブを頼まれた。(^^;;

今から423年前の話だ。


当時はわたしは自身のバンドを率いて活動していたので、オマさんのバンドも掛け持ちで忙しくしていました。


そんなある日のこと、

上京したばかりの吉岡秀晃(pf)は、オマさんバンドで演奏するわたしとギターアンプを六本木「Misty」まで運ぶ運転手をしてくれた。


店に入るとオマさんがいて何やら慌てている様子。

「困っちゃったよ〜 コルゲン(鈴木宏昌さん)が来れなくなったんだ〜。。。宮之上、誰かピアノいないか?ピアノ」

「オマさん、ちょっと待っててください。」

急いでMistyの階段を駆け上ると、わたしの車が目の前を通って信号で停車。

ドアをノックして、「吉岡!!チャンスだよチャンス!」 

オマさん(鈴木勲さん)の思い出_e0095891_22334061.jpeg

かくして、吉岡秀晃はオマさんのバンドで上京後にプロデビューしました。

(当日SMOKIN'はレギュラーピアニストがいたので、彼がわたしのバンド入るのは少し後です。)


オマさんのバンドでライブやツアーはもとより、宮崎や広島のジャズフェスティバルにも出演しました。


最後にお会いしたのは仙台でのコンサート。

本番前の楽屋で黙々と練習していました。

誰かが「オマさん、よく練習しますね〜」と言うと、

「ミュージシャンは進化してなきゃ駄目なんだ、な〜宮之上!」

オマさん(鈴木勲さん)の思い出_e0095891_22350524.jpeg

89歳だったそうです。


by ymweb | 2022-03-10 22:28 | じゃずぎたりすと物語