人気ブログランキング |

宮之上貴昭執筆による長期連載


by ymweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

出会い

ギターの練習は続きます。


国立(くにたち)には国立音楽大学があって、キャバレーで一緒に演奏していたドラマーの宇谷君が在籍した打楽器科教室もありました。

その木造校舎の教室をスタジオ代わりに使って週に何度も通い、アドリブやリズム、コードのことなどを仲間と研究しました。

e0095891_12112550.jpeg

ビブラホンの大井貴司やベースの山口和与など、現在も現役で活躍するミュージシャンは、ここで腕を磨いた仲間です。


こうした研究の場は腕を磨くだけでなく、知り合ったミュージシャンとバンドを組んで「ジャズ喫茶」(当時はライブハウスとは呼ばず、こう言ってました)に出演したり、キャバレーの募集状況など、情報交換の場所ともなりました。


そのコネクションから「ジャズ喫茶」の出演が少しずつ増えて、キャバレーはトラを入れて(休んで他の人を頼む=エキストラの略語)、本質のジャズに打ち込んで行くことになりました。

しかし、一人暮らしの生活もあるので、キャバレーの演奏はもちろん、「喫茶モダン」のバイトも欠かせません。


モダンはたくさんレコードがあるので聴き放題なのが嬉しいし、勉強になります。


そんなある日のこと、


モダンでコーヒーを淹れていると、初めて見る女性がカウンターの向かいの席にちょこっと座り、コーヒーを注文しました。


ショートヘヤーが良く似合うとてもキュートな女性です。

e0095891_12212482.jpeg

相方のウェイトレスの勝手(かつて)さんが、


「あら?マキちゃん、久しぶり!」


ふ~ん

「マキ」って言うんだ。。。。。。。


わたしはこの女性に少し興味を惹かれました。


そして。。。


つづく


by ymweb | 2019-03-07 12:17 | じゃずぎたりすと物語