「ほっ」と。キャンペーン

宮之上貴昭執筆による長期連載


by ymweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

卒業の日

《前回までのあらすじ》

自転車日本一周旅行を終えて高校生活に戻ったものの、
勉強そっちのけでギターにいそしむ毎日。
そんな高校生活も終わりに近づいたころ、
担任の先生から重大なことを告げられます。

「宮之上! お前落第だな!」

ヒェ~~ Σ(゚Д゚)

////////////////////////////////////////////////

入学する時には受験テストが仮に0点でも入れるくらい
内申書の成績が良かったものの、
ジャズとギターのことしか頭にない生活が続いたため
当然ながら成績はどんどん下がっていきました。
それ以上に問題だったのが授業の出席率でした。

先生から現実的な問題を指摘されてあわてましたが、
この先授業一日も休まず、
すべて出席すれば何とか卒業出来そうとのこと。

残された授業を仕方なく?全部出席して、
無事に卒業の日を迎えることになりました。

どういう訳でしょう、
一緒に卒業するはずのクラスメイトは
皆わたしに拍手を送っています。(-ω-)/


こうして天下御免となりました。(^_^)/~

自宅で生活しているので衣食住の心配もなく、
これからはジャズとギターを存分に学んで楽しむことが出来ます。

そんなある日のこと、音楽仲間からの情報で、
キャバレーのバンドリーダーがギターを募集しているとのこと。
オーディションを受けるために八王子まで出かけました。

訪れたキャバレーの控室は
初めて嗅ぐ独特な臭いに満ちていました。

エレベーを持ったバンマスが
「みやのうえ君、だね?!」

「何か演歌弾ける?」

"(-""-)"

つづく。


////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by ymweb | 2016-07-09 14:44 | じゃずぎたりすと物語

【初のバンド結成!】

【初のバンド結成!】

日本一周の自転車旅行でしっかり体力と根性を養い
学校の勉強ではなくジャズギターの練習にいそしみました。
毎日毎日、朝から晩までギターに触らない日はありません。

自分のバンドを作りたいと考えて、
同級生には無理やりコントラバスを買わせて教えたり、
スイングジャーナル誌の「メンバー募集」欄でバンドのメンバーを募集しました。
生意気にもオーディションなんかして、
家の近くの集会場を音楽スタジ代わりに借りて練習しました。
e0095891_13352425.jpg

※写真は当時のメンバーで、
右が久島勝則(ds)左が斉藤康彦(b)中央の不良がわたし(g)です。

その後ピアニストも募集してジャズの研鑽を積んでいました。
e0095891_1335534.jpg

※左は田中満秋(p)、右は斉藤康彦(b)中央のイケメンがわたし(g)です。

そんな高校生活も終わりに近づいたころ、
担任の先生から重大なことを告げられます。

「宮之上! お前落第だな!」

ヒェ~~ Σ(゚Д゚)

波乱含みで つづく


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by ymweb | 2016-07-07 13:36 | じゃずぎたりすと物語
【じゃずぎたりすと物語再開!】


「じゃずぎたりすと物語」
愛読してくださっている方に感謝します。
続編を書いていきますが、
自転車旅行記が長くなりました。( `ー´)ノ
e0095891_11523298.jpg


そもそも何故自転車で日本一周することにしたのでしょう。
では2007年の記事に戻すことにしましょう。
ジャズギタリスト目指す宮之上貴昭、
15歳の時の出来事です。

■じゃずぎたりすと物語
第16話【大きな進歩】

初めてのジャズギターを手にして、
相変わらずレコードを聴いては片っ端からコピーする毎日。
フレーズやコードもレコードに合わせれば
同じように弾けるようになったものの、
一体どこでこのフレーズを使うことが出来るのか
よく解かりませんでした。
コピーしたその曲でなければ適用できないのです。
それで、大筋でコード進行の解かる〈ブルース〉のソロを中心に勉強することにしました。
この練習方法はどうやら大正解だったようです。
同じキーのブルースをコピーしていくうちに、
コードに基づく特定のスケールの法則を発見することが出来ました。

考えてみれば私は兄の影響で古賀正男から入りました。
演歌は曲の構成のそのほとんどが分散和音です。
「そうか、このコードの時にこの音が使えるのか!」
そんな私がコードに基づくフレーズを理解することは比較的簡単でした。
ギターの演奏に固執することなく、ブルースの入っているレコードを選んでは
自分の好みのフレーズだけをピックアップしてコピーして弾けるようにしました。
e0095891_11575874.jpg

そんなある日、また一つ大きな発見をしました。
スタンダード呼ばれているたいていの曲はその終わりの部分で
ブルースで使ったのと同じようなフレーズが使われていることに気が付いたのです。
それは後に解かったことですが、ジャズのフレーズの基となる、
いわゆるⅡ・Ⅴ・Ⅰのコード進行だったのです。

このことを理解したということは、それまでひたすらコピーしてきたフレーズは
単なるジャズのムード向上や指の運動に終わった訳ではありません。
そうです、
コピーしたフレーズのほとんどを有効に活用できるのです。

たちまち多くのフレーズをブルースに当てはめて弾くことが出来て、
しかも〈枯葉〉などのスタンダード曲にも適用出来るまでになりました。
これは大きな進歩です。

たいていの幼い子がそうであるのと同様に、1歳まではほとんど会話が出来ませんが、
2歳になったとたんに堰を切ったようにいろいろな単語を並べて話をし始めます。
それまで表現できなかった文法や単語を心の中で蓄積させ、
ある時期に表現の方法が見つかると突然話し始めるのです。

私の場合もそれと似ているような気がします。

ただ単にフレーズを当てはめて弾くという練習方法を行っているうちに、
同じコード進行内ではフレーズ同士を途中からスイッチして演奏することや、
休符を入れて、残りを16分音符にして弾くことが出来ることにも気付きました。
これは素晴らしい進歩です。

とはいえ、それまで蓄積してきたコピーしたフレーズの量が極めて多いので、
この練習には終わりが無く、考えれば考えるほど気が遠くなる作業でした。
実際のところ私の頭の中は四六時中ジャズのことで一杯でパンクしそうでした。


季節は梅雨になりました。
梅雨が明けると高校生活初めての夏休みがやって来ようとしています。
学業ではなく、ギター生活にかなり疲れていました。
はっきり言って弾き過ぎです。
e0095891_11572349.jpg

それで、この夏休みの期間はギターから少し離れて充電期間を設けようと考えました。
部屋に引きこもってギターだけに焦点を合わせた生活から離れることは、
後になって自分のための良い音楽につながると思いました。

そうです、音楽とは無縁の状況に身を置くことを決意しました。
それは精神的にも肉体的にも鍛えられる方法です。
その方法とは誰もが「あまりにも無謀」と口を揃えるものでした。

自転車で日本一周を計画したのです。                  
e0095891_11554826.jpg

  
                       つづく

それでは今後、いかにしてプロになっていくか、
続編もお楽しみに!




/////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by ymweb | 2016-07-07 11:58 | じゃずぎたりすと物語