宮之上貴昭執筆による長期連載


by ymweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ファンにお年玉③

《じゃずぎたりすと物語》 58話「北海道の湖を巡る①」 
書き上げました。
http://ymweb.exblog.jp/

... 「じゃずぎたりすと物語」は、
私がギターを始めるきっかけから
プロのジャズギタリストになるまでの出来事を、
おおよそ史実に基づいて書いてます。

途中から人生においての大きな思い出となった
「自転車日本一周旅行記」に変わりかけちゃっていますが(ーー;)
私にとって15歳~16歳にかけての自転車日本一周旅行は、
体力作りはもとより、
根性や気力といった精神態度の原点ともなっています。

まもなく旅行記は終了して、
またジャズギタリストへの道を綴りたいと思いますが、
自転車旅行記もまだまだ皆さんにお聞かせしたい
ハラハラ、ドキドキ、ワクワクの出来事がたくさんあります。
完走するまで引き続き読んでくだされば嬉しく思います。

※初めて読まれる方は是非とも第一話からお読みください。
http://ymweb.exblog.jp/i4/6/

※記載してある自転車旅行記の情報は、
詳細に書き記された当時の日記からのものです。

////////////////////////////////////////////////////

じゃずぎたりすと物語 58話「北海道の湖を巡る」
1969年8月10日(月)
朝、搾りたての牛乳をいただいて出発!
国道238号線はサロマ湖畔の美しい眺めと裏腹に、
タイヤが埋まってしまうほどの砂利道と、
道路工事による土埃の舞う悪路でした。
目に埃が入ってチリチリになるので、
鼻から口までタオルで覆い、
サングラスをしてペダルを踏みました。

原生花園で有名な能取湖畔に着いた時オシッコがしたくなり、
咲き乱れる美しい花の真ん中で用を足しました(´Д` )
広い北海道、気持ち良かったです(^O^)
e0095891_14352886.jpg

途中、青森から来たという自転車旅行者に出会い、
道中を共にしました。
カメラを紛失した私は、
その彼に写真を撮ってほしかった目論みもありました。
網走に到着すると、有名な刑務所の前で記念撮影をしました。
※この数十年後、私が北村英治(cl)バンドで
網走刑務所に慰問演奏に来ることになるとは、
この時点で予想するはずもありません。

網走市街を抜けて女満別に向かう国道沿いに
網走湖という湖が現れます。

大勢の人が水に浸かって何か採っています。
私たちも加わりました。
e0095891_14393913.jpg

アサリほどもある大きなシジミがたくさん採れました。
e0095891_14412173.jpg


目的地の美幌に到着すると、
二人でシジミを持参したのが功を奏したのか、
美幌の元町という地区にあるお寺が
今夜の宿泊を快諾してくれました。

スポークが折れていた愛車レッド号は近くの自転車屋に。
無料で直してくれたのはラッキーでした。
でもスタンドは外れたままですが(>_<)

二人で「ホルモン焼き」と書かれた看板に惹かれて店に入りました。
思ったより量が少なくてお腹が一杯にならず、
店を出てもう一軒ラーメン屋に入りました。

一人旅を続けている16歳の宮之上少年にとって、
話し相手がいること自体とても嬉しかったのです。
旅の出来事や情報などを交換して9時半頃に寝ました。

[この日使ったお金]
ガラナ\45 パン\20 ファンタ\40 ファンタ\30  パン\55 パン\54
夕飯 ホルモン焼き\100 めし\60 塩ラーメン\100  
合計\504
[PR]
by ymweb | 2013-01-03 14:46 | じゃずぎたりすと物語
「じゃずぎたりすと物語」は、
私がギターを始めるきっかけから
プロのジャズギタリストになるまでの出来事を、
おおよそ史実に基づいて書いてます。

途中から人生においての大きな思い出となった
「自転車日本一周旅行記」に変わりかけちゃっていますが(ーー;)
私にとって15歳~16歳にかけての自転車日本一周旅行は、
体力作りはもとより、
根性や気力といった精神態度の原点ともなっています。
e0095891_14534818.jpg

まもなく旅行記は終了して、
またジャズギタリストへの道を綴りたいと思いますが、
自転車旅行記もまだまだ皆さんにお聞かせしたい
ハラハラ、ドキドキ、ワクワクの出来事がたくさんあります。
完走するまで引き続き読んでくだされば嬉しく思います。

※初めて読まれる方は是非とも第一話からお読みください。
http://ymweb.exblog.jp/i4/6/

※記載してある自転車旅行記の情報は、
詳細に書き記された当時の日記からのものです。

じゃずぎたりすと物語 57話「愛車レッド号骨折!」

8月9日(日) 
お世話になった浜野家の皆さんに挨拶をして、
10時30分に紋別を出発しました。
今日の目的地サロマ湖までの距離が短いので、のんびりの出発です。

走りやすかった国道238号は途中から砂利道になりました。
しばらく走っていると、激しい揺れのためにタイヤのスポークが1本、
続けてもう1本と折れてしまいました。
このまま走行すれば連鎖反応で他のスポークも次々と折れそうです。
道路脇に愛車レッドを停めて、
2本のスポークを絡ませて1本にして応急処置を施しました。
これでとりあえずOKかなと思ったら、
今度は自転車を支えるスタンドが根元からぐにゃっと曲がって、
レッド号はスローモーションのようにゆっくりと左に傾きました。
荷物の重みに耐え切れなかったようです。
何ということでしょう。。。
それでもオホーツク海の大海原を見てジャズの曲を口ずさみ、
16歳の宮之上少年はいくらか元気を取り戻してまた出発しました。

途中お腹が空いてきたので川西とう集落で商店に入り、
クッキーといちごサイダーというのを買いましたが、
結局お腹はいっぱいにならず、このチョイスは失敗でした。
湧別の街を過ぎて少し走ると、
左手には油を敷いたような穏やかで雄大な湖が姿を現しました。
北海道最大の湖、サロマ湖です。

珍しくまだ陽が高いうちに目的地まで到着しました。
観光案内所でテントを張れる場所や簡易宿泊所の情報などを聞こうと思い、
計呂地(ケロチ)という駅に行ってみました。
e0095891_14504788.jpg

もちろん口ずさんでいるのは「Take the A train」です。
確かに駅は駅でしたが、人もいないし、トイレ以外何にもありませんでした。
(計呂地駅は1987年に廃線になった湧網線の駅です。)
e0095891_14512754.jpg

写真:現在では鉄道公園として整備されているそうです。

さびれているとはいえサロマ湖は観光地なので、
そこら辺に勝手にテントを張るわけにもいきません。
商店に入って、アイスクリームを食べながら情報を聞いてみました。

国道沿い「法念寺」というお寺があると聞いて、早速行ってみました。
大きくはないお寺でしたが、綺麗に手入れされた美しいお寺でした。
境内にテントを張る交渉をしたところ、奥様が優しく対応してくださり、
住職と相談して、空き部屋に泊まらせていただくことになりました。

ちょうど札幌から来たという親戚の方が見えて、
その子供たちを湖畔に連れて行って遊んでくれとのこと。
思いがけずサロマ湖探索となりました。

美しい!!
ずっと地図みて心に思い描いていたサロマ湖が眼前に広がっています。

夕食もご馳走してくれることになり、
食卓には特産のホタテ貝とボラの刺身が並び、とても美味しくいただきました。
テレビでは「サインはV」の最終回を放送していました。
e0095891_14523771.jpg


部屋でくつろいでいると住職が、
「旅の目的や面白さを話してくれ」と近づいてきました。
これまでの出来事や、人との出会いなど、
私の話に熱心に耳を傾けていました。

明日の朝は搾りたての牛乳をご馳走してくれるそうで、
これも楽しみです。
寝たのは遅く、時計の針は11時を回っていました。

[この日使ったお金]
クッキー \50  いちごサイダー \30 アイスクリーム\20 
合計\100
[PR]
by ymweb | 2013-01-02 14:56 | じゃずぎたりすと物語
これまであらすじ

「じゃずぎたりすと物語」は、私がギターを始めるきっかけから
プロのジャズギタリストになるまでの出来事を、
おおよそ史実に基づいて書いてます。。

途中から人生においての大きな思い出となった
「自転車日本一周旅行記」に変わりかけちゃっていますが、
私にとって15歳~16歳にかけての自転車日本一周旅行は、
体力作りはもとより、根性や気力といった精神態度の原点ともなっています。
まもなく旅行記は終了して、
またジャズギタリストへの道を綴りたいと思いますが、
まだまだ皆さんにお聞かせしたいハラハラ、ドキドキ、
ワクワクの出来事がたくさんあります。
完走するまで引き続き読んでくだされば嬉しく思います。

※初めて読まれる方は是非とも第一話からお読みください。
※記載してある情報は詳細に書き記された当時の日記からのものです。

56話「オホーツクの風がほおをつく?」

1969年8月8日(土)

「おい、どうした!?」
ギギーーッと急ブレーキの音を立てて
斜めに止まったトラックから声がかかりました。
私のほうが少し驚きました。

思い出をたくさん記録したカメラをなくして気を落とし、
フラフラと蛇行運転している私を心配したのでしょう。
「乗っていくか?」と声をかけてくれました。
ペダルを踏む体力も気力もなくなった私にとってまさに救いの船、
二つ返事でお願いすることにしました。

建築関係の仕事をされているらしい二人は割と無口、
運転手は芦屋小雁似で、もう一人は高校の数学の先生に似ていました。
こうして愛車レッドを荷台に乗せてオホーツク海を南下し、
車に揺られてうとうとしていると、雄武(おうむ)の町に到着しました。
そこは彼らが共同生活をしているらしい建築現場の仮設住宅でした。
インスタントラーメンに缶詰とコロッケをご馳走してくれました。
ここで寝かせてくれるのかと思いきや途中休憩だったらしく、
さらに先の紋別まで走ることになりました。
到着した紋別の事務所で布団を敷いてくれてそこで寝ました。

思いがけず距離を稼げたおかげで、
今日は紋別に留まることにしました。
オホーツク海のど真ん中に位置する紋別は、
冬は流氷の街として有名な港町です。
e0095891_16513757.jpg

今夜もこの街に泊まろうと思いますが、
昨夜お世話になった事務所の人たちはすでに仕事に出ているし、
連泊はさすがに気が引けるので、
テントを貼れる場所または神社かお寺を探すことにしました。
港の見える高台の公園にたどり着くと、
ポカポカの日差しの中で漁師らしいおじさんが網を修理していました。

いかにも自転車旅行をしている格好の私に向かって、
「まんま食え、まんま、北海道の三平を食わしてやる」
私の腹ペコがどうして分かっちゃったのしょうか(ーー;)
公園の隣にある家にお邪魔していただくことにしました。

三平とは三平汁のことで、
鮭や鱈などの魚と根菜を塩だけで煮た鍋でした。
e0095891_16521041.jpg

蛸と葱の酢味噌和えもいただいて、
心もお腹もすっかりいっぱいになったところに小学生の娘さん二人が帰宅。
このお嬢様方はとってもべっぴんさんでした。
お友達三人と一緒に港に魚が上がるのを見に行きました。
今夜はこの浜野家に泊めていただくことになり、
おかげで夕食ではカジカの味噌汁や蟹子などなど、
オホーツクの海の幸を堪能することが出来ました。

しかしこうした幸せな時間はそう長くは続きません。

       次号「愛車レッド号の骨折!」につづく
[PR]
by ymweb | 2013-01-01 16:53 | じゃずぎたりすと物語