「ほっ」と。キャンペーン

宮之上貴昭執筆による長期連載


by ymweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

じゃずぎたりすと物語 39 〈なんだかんだで 出発!!〉

ご存知の通り、普段は物静かだが、怒れば灰皿が飛んでくる怖い父です。
※第5話〈魔の練習:中学校時代〉をご覧ください。

「担任の先生がな、おまえはこのままだと落第するって言っているぞ!」

ひぇ~~っ!!

父はよほどの事がない限り、私に直接近づいて説教するような人ではありませんでしたが
このシチュエーションは高校入試の時以来2度目です。
おそらく「よほど」の事だったのでしょう。

「明日から夏休みだけど、先生がおまえの事で学校まで出向いてくれるそうだ。」
私が「でも明日から自転車旅行があるし・・・」と言うと、
「やかましい!!」

幸いな事に父のそばに灰皿は置いていませんでしたが、いつ殴られるかドキドキでした。

翌日父は仕事のため、母が同行して担任の待つ学校へ出向きました。

休みに入った誰もいない学校。
職員室のドアを開けると担任が一人、書類を片手に私を待っていました。

いくらか予想はしていました。
テストの点は芳しくありませんでしたし、来る日も来る日もギターに明け暮れて、
寝坊のため欠席したことも多かったことは事実でした。

呼び出された内容は、残念ながら予想を裏切りませんでした。
入学時にはトップクラスの成績で入ったにもかかわらず、
現在では後ろから数えたほうが早い成績にまで落ち込んでいる事に加えて、
授業の3分の1近く欠席しているということでした。

母が「親の立場からもよく見守って注意するようにします」
「これから頑張るわよね」

「あ、ああ。」
そう答えたものの、窓の外でけたたましく鳴く蝉の声で昨年の自転車旅行の想いが蘇り、
心はすでにここにはなく、1日遅れてしまった出発のことで頭の中は一杯でした。


旅行の荷物の準備と点検を済ませて、4時40分に目覚ましをかけて寝ました。

朝起きると、夜中に仕事を終えて帰った父が、私の自転車レッド号に油を差したり
緩んだネジを締め直したり、ギアの点検など、一生懸命に行なっていました。
きっと父は寝ずに作業を行なってくれていたのでしょう。
昨日担任に呼ばれた内容のことなど、一切問いただしませんでした。

「気を付けるんだぞ」
わたしはこんな父が実は大好きでした。


1970年7月22日水曜日午前5時30分 自転車日本一周旅行後半・北日本編
今日の目的地、茨城県・土浦に向けて、いざ出発!! 

                                         つづく

※後のストーリーで明らかになりますが、実は持参した大切なカメラを北海道で紛失したため、
実際の写真に収める事が出来ませんでした。
しかしながら、途中で知り合った心優しいサイクリング仲間がカメラを貸してくださり、
貴重な後半部分は写真記録が残っています。
さらに、就寝前に欠かさず書いた日記が赤裸々なまでに日々を綴っています。
南日本編にはない、日記を中心としたリアルな旅行記をお楽しみにしてください。
e0095891_1632465.jpg

[PR]
by ymweb | 2009-01-28 16:03 | じゃずぎたりすと物語
e0095891_1828281.jpg
時折 窓の外の雨を眺めながら地図を広げて、
昨年の続きとなる「日本一周自転車旅行:後半」の構想を巡らせます。
南日本を周った時の実際的な教訓があるので、一日にどれほど走れるか、
予算はどのくらいかかるかなど、具体的に計画をまとめることが出来そうです。

AB型という血液型が性格に影響するかどうかは解りませんが、
私は部分的に?異常なほど細かくて、ある時突然大雑把な性格になります。
どのように部分的に細かくて、突然大雑把な性格になるかというと、
例えば本棚を整理しようと思う場合、本の高さからきちっと揃えて整理し始めます。
しかしその途中で電話が鳴ったりすると、話が終わって部屋に入った途端その作業は終了で、
残りの本は適当に本棚に突っ込んじゃいます。
電話ではなくても、例えば整理している途中で興味のある本が出てくれば、
そこで読み入ってしまい、本棚の整理は終了となってしまいます。

現在私のバンドのドラマー太田耕平は、「宮さんは演奏前がA型で演奏中はAB型、
演奏が終わるとB型になります」と述べています。
O型の彼にそんなこと言われるのも少し悔しいけど、当たっているかもしれません。

話が飛んでしまいましたが、そんな訳で今回の自転車旅行の計画は綿密に行ないました。

高校の夏休みは40日のため、東京から水戸街道を北上して海沿いに仙台まで行き、
上り下りが多く距離も長い三陸沿いを走ることを断念して、
国道4号で盛岡から青森県・野辺地まで行き、そこからフェリーで函館、
時計回りに北海道を一周して、室蘭からフェリーで青森、
青森から秋田、山形の奥羽地方の海沿いに走って新潟から越後湯沢を通り、
山を越えて東京に戻るというコース。

昨年のように大変な思いをしなくて済むように、
1日に走る距離を少なめに設定して、無理のない計画を立てることにしました。

この旅行のために1日1ページずつ計40枚もの行程表を作りました。
その全てに北日本の地図を書いて、全行程を黒いボールペンで書き、
1日に走らなければいけない行程部分だけ、赤のボールペンで記しました。
1日ごとにその行程表を取り換えて、
自転車のフロントバックの透明ケースに入れて走るという訳です。
例えば1日目は東京から茨城県土浦市まで進む予定なので、
全体から見れば少しだけ赤くなっていて、旅行終盤ではほとんどが赤くなっているので、
これまで走った距離が一目で解るというものです。

私の細かさはそれだけではありません。
到着予定地の名産品も事前に書き記しました。
例えば霞ヶ浦近くの土浦だったら「コウナゴの佃煮が美味しそう」とか、
札幌だったら「味噌ラーメン食べるべし!」などなど。。。
今考えれば高校生の浅い食知識ながら、自分で調べた特産品も書き記しました。
どうやら食い意地と食に対する執着はこの頃からあったようです。

1学期が終わりを迎えて、間もなく始まる夏休み。
自転車日本一周旅行出発の日が近づきました。

そんなある日、突然父が深刻そうな顔をして
「貴昭!お前に重大な話がある。」と言って私に近づいてきました。

なんだなんだ??

                                         つづく

写真:リアルタイムで綴った自転車旅行日記
この日記と写真を基に〈じゃずぎたりすと物語〉は書かれています。
そのため当時の記録が鮮明に残っています。
[PR]
by ymweb | 2009-01-24 18:27 | じゃずぎたりすと物語
e0095891_16535914.jpg
写真:左から 田中さん、私、斎藤康彦


電話口での田中さんの声は渋くて、明らかに年上であることを連想させます。
「実は私は大学生で、これからジャズピアノを始めたいと思ってるんですよ。」

私たちは全員が高校生で、毎週のように集って練習している旨を伝えると、
「私の家で練習出来るので、良かったら遊びに来ませんか?」とのこと。
話を聴くと、何と田中さんの家は武蔵境。
私の高校のすぐそばです。
早速みんなの予定を合わせてお邪魔することにしました。

駅から亜細亜大学方面に向かって歩くことおよそ10分。
閑静な住宅地にあって、瀟洒な佇まいを見せる一軒家が田中さんの家でした。

門のチャイムを押して出てきたのは、優しそうなお母さんらしき人でした。
怪しげな3人の男子高校生を満面の笑みで迎えて、「さあさ、入ってください」
玄関にはすでに田中さんとおぼしき人が立っていて
「こんにちは」と声をかけてくれました。
(うわっ、大人だ。。。)

早速ピアノのある部屋に通されると、田中さんは自己紹介を始めました。
現在大学3年生で、ジャズピアノを専門学校に通って学ばれていること、
そしてこの部屋を使っていた祖父が数ヶ月前に亡くなったこと、などなど。

年上なのにほんとうに謙虚で誠実な話し方の田中さんを、
わたしたちはすっかり気に入っていました。

「少し音を合わせてみましょうか?」
私の提案で久島はスティックとブラシをケースから取り出し、
雑誌をスネヤドラムに見立てて4ビートを刻み、
斎藤も持参したエレキベースをケースから出した。
「とりあえずブルースか何か一緒に演奏してみましょう!」

すると田中さんが、「ちょっ、ちょっと待ってください!」

「初心者なので無理です。」

「またまた~~!!」

「いいえ、本当に無理なんです!」

「またまた~~!!」

音楽を専門に学んでいるのだから弾けないはずがありません。
かなり上手なのに、直前まで自分のことを低めておいて演奏に入るとバリバリ弾き、
わたしたちにショックを与えるタイプだと思っていました。

かまわずギタートリオでFのブルースを始めました。
田中さんは指先が少し震えていましたが、音を出したとたん、

「ピニョー~~~ン」 「ポロロ ポロリン」
(わざとか?? わざとはずす作戦か。。。)

その後もわたしたちに合わせようと必死の様相ですが、
一つとしてはまる音とリズムがありません。

途中で演奏を止めて、
「キーが違っていましたか?」と訊ねると、
「いえ、本当にピアノもジャズも初心者なのです、すみません」

田中さんは本当に初心者だったのでした。

でもわたしたちはそんな謙虚な田中さんのことが大好きになりました。
私はいろいろな曲のコード進行やバッキングのタイミングなどを田中さんに教えつつ、
また斎藤康彦のベースラインも教えながら、毎週のように練習を繰り返していきました。
思い起こせば、私はこの時期にバンドのアンサンブル方法などの
大きな訓練を受けたのかもしれません。

※田中さんとは連絡が取れました。
現在は千葉県で公立学校の音楽の教員をされていて、
2009年3月に定年退職されるそうです。


梅雨になりました。
しばらくギターとジャズの世界から離れなくてはいけない季節がやって来ます。
そうです、自転車日本一週旅行の後半がやって来るのです。

                                つづく
[PR]
by ymweb | 2009-01-06 17:10 | じゃずぎたりすと物語