宮之上貴昭執筆による長期連載


by ymweb
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

32〈安堵と恐怖 それぞれの一夜〉

「あの~~。。。 こんばんは」

寝袋に入ったままテントの入り口のチャックを開けると、
この家の奥さんが立っていました。
「もうお休みになられましたか??」
「私のところはこれから晩ご飯なんですけど、よろしかったら一緒にいかがですか?」

寝袋には入っていましたが、まだ寝入ってはいません。

「あ、はい。」

時計を見ると時間はまだ7時30分を指しています。

今日はよく走って疲れたので早めに寝ようと思っていました。
しかし「ご飯」というキーワードに思わず反応して
「ありがとうございます、いただきます!」と条件反射で答えました。

昼間の「肉丼」の悲しい思い出が後を引き、食堂に入る気が失せて、
考えてみれば夕食は商店に入って買ったコッペパン1つと牛乳1本だけでした。

広い家です。
玄関から食堂に案内されると、ご主人はすでに座っていてテレビを見ていて、
テーブルの上にはご馳走が並んでいました。

(わお~~~!!)

ご主人が「さあ食べてください」。

遠慮なくいただくことにしました。

一人息子が最近結婚して会社のある金沢に住むようになったため、
現在はこの広い家に夫婦二人で生活しているそうです。
これまでの自転車旅行体験談をいろいろと話すと、
初老の夫婦は話に興味津々聞き入っていました。

すっかりご馳走になり、心の栄養もいただいてお腹一杯になりました。

「部屋が空いているからそこで寝なさい」と勧めてくれましたが、
すでに庭にテントを張ってあるし、そこまで甘える気になれず、
「慣れていますから」と言って自分のねぐらに戻りました。

翌朝、気持ちよく目覚めてテントをたたんでいると奥さんがやって来て
「これお弁当」と言って私に手渡しました。
おにぎりのようです。
「朝食も一緒にと思ったんですけど、まだ寝てらしたようで。。。」
このご夫婦の優しい気遣いに感謝しました。

さて心身ともにリフレッシュしてまた出発。

さて、出発して間もなく愛車レッド号の前にのどかな光景が現れました。
牛が荷車を引いて道路を走っています。

「すみません、写真撮ってもいいですか??」

真っ黒に日焼けした農家のおじさんは何も言わなかったけど、
失礼して「パチッ!」

e0095891_15174384.jpg


国道8号線に出て加賀市を通過して、ひたすら金沢方面に向かいました。
道はそれほど広くはないけれど、平坦で交通量も比較的少なく走りやすい。

午後になって金沢市内に到着。
せっかくここまで来たのだからと、日本三大庭園の「兼六園」を見学すべく、
案内標識に従ってレッド号を走らせた。

それほど高くない入園料を払って中に入り、早速庭園を散策。

う~~ん  美しい、しかも 何と広いのだろう。
この木の枝はテレビで見たことがあるぞ。
冬に雪で折れないように紐でくくってあるんだな。。。

確かに日本三大庭園の一つだけあって規模も大きく手入れも行き届いていました。
しかしこれまでほぼ日本を半周して自然の美しい景色をずっと見てきた私にとっては、
それほど感動を覚えなかったことは事実です。

さくっと一回りして戻り、また愛車レッドにまたがって出発しました。

津幡から小矢部を通過してさらに国道を進んでいくと、陽もだいぶ傾き始めました。
そろそろ今夜のねぐらを確保する時間帯です。
今日中には距離的に無理ですが、明日は飛騨高山まで行こうと決めてあります。
というのは、父が飛騨出身の人なので高山周辺には親戚の家がたくさんあります。
昔から仲良くしている従兄弟も二人高山に住んでいますので、
そこに泊まって世話になろうと言う魂胆です。

そんな明日の楽しみを胸に、わくわくした気持ちで走っていると、
突然道路がでこぼこになり、ハンドルをとられてとても運転しづらくなりました。
気が付けば道路に路面電車の軌道が平行して走っています。
そうです、高岡の街に入って来たようです。

道から少し脇にそれてしばらく進むと、林に覆われた小さな公園がありました。
あたりには民家が無く、まだ夕方だというのに薄暗くて少し不気味な公園でしたが、
時間も時間でしたから、目立たない場所にテントを設営しました。
管理人がいそうな建物も見当たりませんでした。

設営が終わったテントの中に入って回りを整理して、
買ってきた惣菜とお弁当を広げて夕食の準備です。
牛乳はパワーをつけるために夕食の必需品です。
自分に「お疲れ様!!」と言って食事をいたきます。

外はすでにすっかり暗くなっていますが、この時です。

遠くで「おいお前ら!何いちゃいちゃしとんだ!バシッ!」
「ん??こりゃ!!バシッ!」

明らかにチンピラのような柄の悪いお兄さんが二人、
公園のここから一番端のベンチにいたカップルをからかっている風でした。

そっとテントを開けて様子を伺うと、
竹刀のようなもので脅しているのが遠くに見えます。
アベックはそそくさと逃げていったようです。

(こっちに気付くなよ。。。) ランプを消して息も殺してました。
こちらに気付く様子はなく、このままこの公園を去っていくのかな。。。
と安心した瞬間「おい!あんなところにテント張っているのがおるぞ!」

気が着いたようです。
足音が近づいてきます。

「われ!誰じゃ勝手こんなとこにテント張ってるの、出て来い!!」

うわっ。。。。

15歳の宮之上少年、絶対絶命のピンチです。。

                         つづく
[PR]
by ymweb | 2008-03-18 15:18 | じゃずぎたりすと物語
e0095891_4312544.jpg

朝、目を覚まして布団に入ったまま上を見ると格子の天井が見えます。
屋根の下で寝るという、当たり前のことがとても幸せに感じます。
とりわけここ「炭屋旅館」は居心地が良くて、熟睡することが出来ました。
しかし「素泊まり」ですから朝食は付いていません。
同室の外人たちは出発したのでしょうか、すでに部屋にはいません。

チェックアウトまではまだ時間があったので、
行程や費用の面で、後半となった自転車旅行の計画を再確認しようと思います。

自転車の故障や体調の面など、いろいろなことがあったものの、
ここまでかなり順調に進んで来たことが分かりました。
費用面も切り詰めてきたので、今のところ心配はなさそうだし、
日程的にもいくらか余裕がありそうです。
せっかくの京都ですから、もう少し名所を探索したいと思いました。

快適だった宿を出て、嵐山に向かいました。
松尾から嵐山の渡月橋を渡って太秦へ。
夏休みということもあって京都の街はどこも観光客で賑わっていました。
結局、京都の街を出たのは午後になってからでした。

しばらく交通量の多い東海道を走り国道8号に出てそれを北上。
今日の目的地は琵琶湖の湖畔に位置する近江八幡にあるユースホステルです。
日程的にも金銭的にも少し余裕があったので、距離もあまり稼がず、
ひょっとしてまたギターが弾けるかな?という期待も込めての計画でした。

予約していなかったので満室が心配されましたが、どうやら泊まれそうです。
古くてなかなか趣のある建物でしたが、昨日の旅館の居心地があまりにも良かったので、
ついつい比べてしまいます。
しかし残念ながらギターは誰も弾いていませんでした。

今日の宿は、明日からのパワーを蓄えるためのものだ!
そう勝手に心に決めて、夕食でまたご飯を6杯もおかわりして、
早めにぐっすり寝ました。

翌朝、熟睡したお陰で宿泊客の誰よりも早く起きて朝食を済ませ、すぐに出発しました。

真っ青な空の下、ほぼ琵琶湖に沿って8号線をしばらく北上すると、
左手前方に城が見えてきました。
彦根城です。
その美しい姿とうっそうと茂る涼しげな森の魅力、そして空腹も手伝って、
吸い込まれるように城のすぐ横まで来てしまいました。

思ったとおり空気はひんやりしていて、時おり吹き抜ける風がとても気持ちがいい。

と、目の前には「肉丼・親子丼」と書かれた小さな食堂が。
朝食もしっかり食べて出発したはずなのに、
自転車はよほどカロリーを消費するのか、すぐにおなかが減ります。
まだお昼前でしたが「営業中」と出ていたので入ってみることにしました。

とても綺麗とは言えない店内にはおばちゃんが一人。
「はぁい。」

「笑顔」も「いらっしゃいませ」もない、何とも無愛想な接客。
入ったとたんに出たくなりましたが、
(こういう店に限って家庭的で美味しいかも・・・)などという
かすかな期待を込めてテーブルに腰をかけました。

壁に書いてあるメニューを見ると
親子丼と肉丼がそれぞれ300円。

ゲッ!  高~~い!!

そうか、ここはいちおう観光地なんだな。。。
小汚い店のくせに値段だけはいっぱしに取るな。。。

「に、肉丼お願いします!」
少し勇気を奮って、そして少し期待を込めて注文しました。

するとほんの1分後、その「肉丼」とやらが出てきました。

なんぢゃこれは!!!???

何か肉片のようなものが丼ぶりに盛られたご飯の上に3切れ。
それだけ。 たったそれだけ。

15歳とはいえ宮之上少年は、どこで食事しても美味しくなくても、
作ってくれた人に感謝を表して「ご馳走様」を言うんだよ、と親から躾けられてきました。
しかし今は嫌です、言いたくありません。

実はまだお腹は満たされていませんでしたが、
強い意思表示を示してあえて半分残し、
黙って大枚300円をテーブルに置いて店を出ました。
消費しているカロリーの体に「肉」という文字は弱いものの、
ここまで「鼻が利かない」自分が情けなくなりました。
それ以来「彦根」という地名を耳にするたびにこの店の肉丼を思い出します。
食べ物の恨みは恐ろしいです。

嫌な思い出の彦根城を後にして8号線をさらに北上し、
長浜を過ぎて琵琶湖の北端に位置する木之本から先は山道になります。
峠を越せば近畿とお別れして北陸の福井県に足を踏み入れるわけです。

よいしょっ! よいしょっ! 男だ!登れ!

訳のわからない気合を自分に入れて峠を登っていきます。

ヒェ~~イ!!! 気持ちいい~~!!!
自転車旅行の醍醐味の99パーセントはペダルを踏まない下り坂の
いわゆる「ダウンヒル」にあります。

あっ!!!  日本海だ!!
紺碧の海が両脇の山に抱えられるように姿を現しました。
そう、敦賀湾です。
いよいよ私を乗せた愛車レッド号は北陸までやってきました。

しばらくトンネルの多い国道を海沿いに走った後、
鯖江の街を通過して福井市内に入りました。
昨日まで少しサボった分、今日は行けそうなところまで走ろうと思いました。

福井市を越してしばらく走っていると、「金沢74Km」と道路標識が出ています。
金沢・・・・
ペダルを漕いでいる自分の足を走りながら見つめて、
我ながらよくこんなところまで来たものだと思いました。

このまま進めば確かに金沢まで行けるかもしれませんが、
地図上で昔からずっと気になっていた景勝地を訪れることにしました。
国道から左にそれて海辺の三国町に進路を取ります。
そう、向かうは「東尋坊」です。

三国に着くと街中が魚の匂いに包まれていました。

「東尋坊」の道路標識にしたがって進んで行くと、
いつの間にか海岸線はその形相を変えてきました。
狭くなった道は小高い丘に強制的に連れて行きます。

凄い景色です! 
何という高さでしょう、海が断崖になっています。
「自殺の名所」としも有名だそうですが、なるほどここから飛び降りれば
生きては戻れないと思いますし、死体もまず上がらないでしょう。
この景色に圧倒されて、しばし茫然としていました。

気が付けばもう夕方になっていました。
今日はずいぶん走りました。
そろそろ宿泊場所を決めなければなりません。
国道に戻る途中の芦原温泉に程近い場所に、ひと際大きな庭のある家を発見。
交渉すると、庭にテントを張ることを許可され、そこに宿泊することになりました。

二日間さぼった付けが回ってさすがに今日は疲れましたが、
この旅行も終盤になってきました。
旅行は苦しくもあり、楽しくもありなのですが、
私にとって一番きついのは何といってもギターが弾けないことです。
確かにお父さんやお母さんの顔も見たいけど、ホームシックというよりは
ギターシックです。

ジャズを弾きたい。。。聴きたい。。。

そんな思いで寝袋に入って横になりました。

その時です! テントに近づく人影が。。。。

                          つづく


写真:名勝「東尋坊」と愛車レッド号
[PR]
by ymweb | 2008-03-03 04:31 | じゃずぎたりすと物語