宮之上貴昭執筆による長期連載


by ymweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2016年 07月 09日 ( 1 )

卒業の日

《前回までのあらすじ》

自転車日本一周旅行を終えて高校生活に戻ったものの、
勉強そっちのけでギターにいそしむ毎日。
そんな高校生活も終わりに近づいたころ、
担任の先生から重大なことを告げられます。

「宮之上! お前落第だな!」

ヒェ~~ Σ(゚Д゚)

////////////////////////////////////////////////

入学する時には受験テストが仮に0点でも入れるくらい
内申書の成績が良かったものの、
ジャズとギターのことしか頭にない生活が続いたため
当然ながら成績はどんどん下がっていきました。
それ以上に問題だったのが授業の出席率でした。

先生から現実的な問題を指摘されてあわてましたが、
この先授業一日も休まず、
すべて出席すれば何とか卒業出来そうとのこと。

残された授業を仕方なく?全部出席して、
無事に卒業の日を迎えることになりました。

どういう訳でしょう、
一緒に卒業するはずのクラスメイトは
皆わたしに拍手を送っています。(-ω-)/


こうして天下御免となりました。(^_^)/~

自宅で生活しているので衣食住の心配もなく、
これからはジャズとギターを存分に学んで楽しむことが出来ます。

そんなある日のこと、音楽仲間からの情報で、
キャバレーのバンドリーダーがギターを募集しているとのこと。
オーディションを受けるために八王子まで出かけました。

訪れたキャバレーの控室は
初めて嗅ぐ独特な臭いに満ちていました。

エレベーを持ったバンマスが
「みやのうえ君、だね?!」

「何か演歌弾ける?」

"(-""-)"

つづく。


////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by ymweb | 2016-07-09 14:44 | じゃずぎたりすと物語