宮之上貴昭執筆による長期連載


by ymweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2007年 08月 13日 ( 1 )

19 〈母が・・・〉

19 〈母が・・・〉

父は静かな口調で電話口から「貴昭。。。」とささやきました。
私はある程度覚悟はしていましたが、さすがに次に発せられた言葉に衝撃は隠せませんでした。

「あのな、お母さんはな。。。」

「明日退院するからな!」

・・・・・・・ 何だ?何だ????

母は昔から貧血気味で、今回もふらっときてバランスを崩し、
冷蔵庫の角に頭をぶつけて脳震とうを起こしたらしい。
それで検査の結果、ずっと患っている肝炎が悪化したのとは無関係とのこと。
大したことなくてほっとしました。
とはいえ、退院したばかりの母は、当然私がケアしなければなりません。

今日から夏休み。
この事件がなければ今日から南日本一周に向けていざ出発!のはずだったのです。
本当に残念ですが、この計画は諦めざるを得ません。

母が帰ってくる部屋をきちっと掃除して、布団を敷く用意をしました。
自分で言うのもおかしいのですが、私はギターに夢中になり過ぎる以外は、
昔から良識があり、親の言うことはちゃんと聞く良い子でした。
親がたくさんの愛情を持って育ててくれたからに違いありません。

翌日、いつものように部屋でギターを練習していると、
病院に迎えに行った父が母を連れて帰ってきました。
顔色はいくらか青白いものの、思ったより元気そうでほっとしました。

父はいつまでも仕事を休むわけにもいかないので、
私が母の世話をすることになりました。
この日休みだった父が、ギターを弾いている私の部屋に入ってきました。
ギターはもちろん、音楽に全く興味ない父でしたが、
私の机の上にある「自転車旅行」と書かれてノートぱらぱらめくってボソッと

「お前、残念だったな。。。」

「うん。。でも仕方ないよ、家事もやらないといけないし。。。」

「来週から行けないのか?」

「えっ?? どうやって??」

「自転車をどこかまで送って、そこからスタートすればいい。」

「だってお母さんの面倒は?!」

「もうほとんど良くなってるし、来週から茨城のおばちゃんが手伝いに来るんだぞ。」

「え~~っ!茨城のおばちゃんが?!」


一筋の光が射したようです。

母のケアはおばちゃんと交代して、来週早々に出発するとして、
それまで自転車で走ったであろう距離、そしてそこまでの列車の所要時間を合計してみました。
途中まで列車で行くにしても、ルートは東海道線を京都まで行き、
そこから山陰ルートを通って山口県・小郡に抜ける。
そう、自転車で走るルート通りにしたいと思いました。

山口県・小郡

ここが出発点となりました。

自転車は「駅留め」で送ると5日で到着するとのこと。
ばっちり間に合います。

予期せぬ母の入院のために出発が10日ほど遅れ、出発地も変更になりましたが、
半分あきらめかけていた自転車旅行のスタートとなりました。

                                      つづく
[PR]
by ymweb | 2007-08-13 09:32 | じゃずぎたりすと物語