宮之上貴昭執筆による長期連載


by ymweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

10 〈音楽会に出演〉

時たまテレビなどで格闘のシーンで流れてくる急速調の曲、
それが〈ウィリアムテル序曲〉というのは知っていました。
この曲をギターで弾けたら凄いかも。。。
そんな気持ちで駅前のレコード屋さんに急いで探しに行きました。

お目当てのレコードは確かにありました。EP盤でした。
しげしげと裏面に書かれた値段と説明を見て、
ちょっと高いな~~
ふ~ん。。。ロッシーニという人が作曲したのか。。。
いくつかの楽章に分かれている組曲になっていて、
僕が演奏したいのはその中の有名な部分なんだな、きっと。。。
ふ~~ん。。。

中学生の少年がクラシックのレコードを片手に、
何かブツブツ独り言を言っている様子を見て、
レコード屋のおやじはさぞ不思議に思ったことでしょう。

ともあれ無事にレコードをゲットして家に帰り、
早速合わせて弾いてみることにしました。
タカタッ・タカタッ・タカ・タッタッター タカタッ・タカタッ・タカ・タッタッター
タカタッ・タカタッ・タカ・タッタッター タタタッカー・タカタッタッタ

地獄のトレーニングのお陰で、どうやらテクニック的には問題なさそうです。
しかし、きちっとした曲の構成があるので、それを把握して覚えなければなりません。
その日からまたもや押入れに入って特訓が続きます。
この狭い空間は、空気がやや薄い点さえ除けば、
雑念を一切寄せ付けないので、集中して練習を行うのに最適な場所かもしれません。

いよいよ音楽会の当日がやってきました。

クラスから2名ほどの代表演奏者が選ばれて演奏を披露することになっていますが、
そのほとんどは女生徒で、しかも楽器はリコーダーかピアノでした。
どうやらギターは私と福田君だけのようです。

ライバルの福田君はB組なので、D組の私より前に演奏することになっています。
出演する生徒は皆ステージ脇で控えていなければなりませんでしたので、
福田君の演奏はステージ横から見ることにしました。

「B組代表、福田君!」  先生が呼び出します。
学校はエレキギターが禁止だったので、福田君もフォークギターで演奏するようです。

「え~と、演奏曲は。。。〈運命〉でしたね!?」

やはりそう来たか。。。

ジャ・ジャ・ジャ・ジャーーン!

彼の滑らかな指使いはとても緊張しているようには思えません。
以前昼休みに教室で演奏していた時と同じように見事に弾きこなしていました。

はぁ~~。。。
間もなくやってくる私の番までの時間の長いこと長いこと。

それにしても何故私はクラス代表で選ばれたんだろう。
いくら友人が推薦したからといって、「代表」はないだろ。。。

そういえば、音楽の時間に「作曲」の課題があって、
作った曲を西村先生に聴かせたら、それを先生はすごく褒めてくれた。
リコーダー演奏のテストの時には、課題曲ではなく自由曲を選んで、
北島三郎の「函館の女」を吹いたら、クラスのみんなに大うけで、
「先生はその曲を知らないけど、リズムと音色がとても良かった」と褒めてくれた。
そんな布石があってこの場にいるのかもしれない。。。

「D組代表、宮之上君!」

ついにその時がやって来てしまいました。

「曲は。。。〈ウィリアムテル序曲〉?!ですね?」
e0095891_2083715.jpg

場内から少し驚きにも似たざわめきが起こりました。
学校のほとんどの人は私がギターを弾くなどということを知りませんでしたし、
だいいち、学校にいる時間が誰よりも短いために、全くもって目立たない存在でした。
そんな生徒がギターで〈ウィリアムテル序曲〉を弾こうとしているのです。

押入れの中と比べれば環境は大きく異なりますが、
それでもいつものペースで弾き始めました。

タカタッ・タカタッ・タカ・タッタッター

場内は静まり返っています。
福田君の視線を考える余裕もありません。
ただ一音一音間違えないように一生懸命でした。

何とか弾き終わって、一瞬「間」があってから拍手が起こりました。
この拍手の大きさは、他の人と比べて大きいのか小さいのか解かりません。
先ずは無事に弾き終えたことを満足しました。

この日も終業のチャイムと同時に家に帰ろうと教室を飛び出しました。
ギターを抱えて校庭に出たところで、3階の窓から誰かが私に向かって
大声で叫んでいます。

「お~い!ミヤノウエ!」
振り向くと
「イェィ! ウィリアムテル! ハハハ!」

褒められたのか馬鹿にされたのかよく解かりませんでした。
無視することにして学校を出ました。

翌日の昼休みに、何とB組の福田君が私を訪ねて来ました。
「宮之上君、昨日良かったよ!君上手いね~~」
ソフトな語り口と温和な態度で接してくれました。
「今度一緒に演奏しようね」

何だか福田君のイメージがそれまで思っていたものとはずいぶん違っていました。
とはいえ、やはり自分の性格もあって、クラスも違うので、
その後の交流はほとんどありませんでした。

私はまた家で黙々と〈ツィゴイネルワイゼン〉や〈トルコ行進曲〉などを題材に、
クラシックのテクニカルな部分をギターで演奏出来るように練習を続けました。

そんなある日のこと。
母が、「今夜お父さんがお前に話があるって。」
「お前の成績と高校入試のことだよきっと。」

ガーン!

一番触れて欲しくない部分でした。
[PR]
by ymweb | 2007-04-21 18:58 | じゃずぎたりすと物語