宮之上貴昭執筆による長期連載


by ymweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

9 〈ライバル出現〉

ジャ・ジャ・ジャ・ジャ~~~ン!! 

部屋のカーテンを開けたままだったので、
押入れから出ると朝日が眩しくて少しくらくらしましたが、
〈運命〉は一晩にして完璧に弾けるようになりました。

でも、ちょっと待てよ。。。
「押入れ」の中だったから弾けたので、外に出ると弾けないかもしれません。
一抹の不安がありましたが、学校があるので少し仮眠して、
帰ったらまた弾いてみることにします。

この「押入れ特訓」がまたもや功を奏したようで、
部屋で音量を上げて力強く弾いても、ばっちりレコード通りでした。
加えて、弦高が高くて張りの強い鉄弦フォークギターは、さしずめギターの「筋トレ」。必然的に左手の握力と、右手のピッキングの訓練を施してくれました。

こうして音感やテクニックも付いてギターが上達して、少し有頂天になっていた頃、
クラスの誰かが「B組の福田君ってギター上手いよね~~」と話しているのを聴きました。

当時でもギターを弾いている生徒が数名いて、中には私と同様に、
寺内タケシの演奏する曲を練習している生徒がいるとのこと。
その中でも飛び抜けて上手いのがB組の福田君だそうだ。

う~~ん、気になるな。。。 福田君(B組)。

彼は学校にギターを持って来て、昼休みには教室で弾いているようです。

早速偵察に行くことにしました。

上手い!!

弾いていたのは何と、私が徹夜で練習した〈運命〉でした。
さらに同じく寺内タケシの〈空飛ぶギター〉や〈津軽じょんがら節〉
これらの曲をいとも簡単に弾いて、クラスメイトを驚かせています。

私は一部の友人を除いて、ギターを弾いていることは公表していませんでしたが、
福田君の演奏を聴いて圧倒され、さらにその気持ちは大きくなりました。
同時に対抗意識がメラメラと沸きました。

私はさらにハードな練習を行いました。
弦を押さえる左の指の全ては血豆となり、しばしばそれが破けて出血しました。
そう、まさにこの頃は1日10時間くらいギターの練習に費やしていました。
学業がおろそかになるのは当然といえば当然です。
通知表をもらうたびに、成績はどんどん落ちていきました。

そろそろ高校入試の心配をしなければいけないという中学3年生のある日、
学校で音楽祭の行事があり、仲間から推薦されて出演することになりました。
どうやら福田君も出演するそうです。

寺内タケシが〈運命〉はもとより、〈未完成交響曲〉や〈白鳥の湖〉、
はたまた〈剣の舞〉などのクラシック曲を題材にしていることにヒントを得て、
私も自分でクラシック曲を選んでアレンジして、独自の演奏が出来たらいいなと考えました。
おそらくは福田君は寺内タケシの演奏曲をそのまま披露すると考えて、
私は誰も想像していなかった曲を演奏したいと思いました。

どうにもこうにも「負けず嫌い」というか「ライバル心が強い」というか、そんな私です。

音楽会で演奏するのに選んだのは有名なあのクラシック曲でした。
[PR]
by ymweb | 2007-04-18 18:49 | じゃずぎたりすと物語