宮之上貴昭執筆による長期連載


by ymweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

58話「北海道の湖を巡る①」

ファンにお年玉③

《じゃずぎたりすと物語》 58話「北海道の湖を巡る①」 
書き上げました。
http://ymweb.exblog.jp/

... 「じゃずぎたりすと物語」は、
私がギターを始めるきっかけから
プロのジャズギタリストになるまでの出来事を、
おおよそ史実に基づいて書いてます。

途中から人生においての大きな思い出となった
「自転車日本一周旅行記」に変わりかけちゃっていますが(ーー;)
私にとって15歳~16歳にかけての自転車日本一周旅行は、
体力作りはもとより、
根性や気力といった精神態度の原点ともなっています。

まもなく旅行記は終了して、
またジャズギタリストへの道を綴りたいと思いますが、
自転車旅行記もまだまだ皆さんにお聞かせしたい
ハラハラ、ドキドキ、ワクワクの出来事がたくさんあります。
完走するまで引き続き読んでくだされば嬉しく思います。

※初めて読まれる方は是非とも第一話からお読みください。
http://ymweb.exblog.jp/i4/6/

※記載してある自転車旅行記の情報は、
詳細に書き記された当時の日記からのものです。

////////////////////////////////////////////////////

じゃずぎたりすと物語 58話「北海道の湖を巡る」
1969年8月10日(月)
朝、搾りたての牛乳をいただいて出発!
国道238号線はサロマ湖畔の美しい眺めと裏腹に、
タイヤが埋まってしまうほどの砂利道と、
道路工事による土埃の舞う悪路でした。
目に埃が入ってチリチリになるので、
鼻から口までタオルで覆い、
サングラスをしてペダルを踏みました。

原生花園で有名な能取湖畔に着いた時オシッコがしたくなり、
咲き乱れる美しい花の真ん中で用を足しました(´Д` )
広い北海道、気持ち良かったです(^O^)
e0095891_14352886.jpg

途中、青森から来たという自転車旅行者に出会い、
道中を共にしました。
カメラを紛失した私は、
その彼に写真を撮ってほしかった目論みもありました。
網走に到着すると、有名な刑務所の前で記念撮影をしました。
※この数十年後、私が北村英治(cl)バンドで
網走刑務所に慰問演奏に来ることになるとは、
この時点で予想するはずもありません。

網走市街を抜けて女満別に向かう国道沿いに
網走湖という湖が現れます。

大勢の人が水に浸かって何か採っています。
私たちも加わりました。
e0095891_14393913.jpg

アサリほどもある大きなシジミがたくさん採れました。
e0095891_14412173.jpg


目的地の美幌に到着すると、
二人でシジミを持参したのが功を奏したのか、
美幌の元町という地区にあるお寺が
今夜の宿泊を快諾してくれました。

スポークが折れていた愛車レッド号は近くの自転車屋に。
無料で直してくれたのはラッキーでした。
でもスタンドは外れたままですが(>_<)

二人で「ホルモン焼き」と書かれた看板に惹かれて店に入りました。
思ったより量が少なくてお腹が一杯にならず、
店を出てもう一軒ラーメン屋に入りました。

一人旅を続けている16歳の宮之上少年にとって、
話し相手がいること自体とても嬉しかったのです。
旅の出来事や情報などを交換して9時半頃に寝ました。

[この日使ったお金]
ガラナ\45 パン\20 ファンタ\40 ファンタ\30  パン\55 パン\54
夕飯 ホルモン焼き\100 めし\60 塩ラーメン\100  
合計\504
[PR]
by ymweb | 2013-01-03 14:46 | じゃずぎたりすと物語